喫煙をする男性とチャンピックス

チャンピックスを試す前に禁煙をあきらめてしまうのは大きな間違いです。本当にあきらめるのなら、チャンピックスを試してください。それでダメだった場合はあきらめましょう!

チャンピックスの強み

チャンピックスは禁煙したい人のために用意された医療用医薬品で、ニコチンを使用していない飲み薬のひとつとなります。これまで禁煙と言えば、タバコを吸うことを我慢する精神的な忍耐力と、禁煙補助剤によってニコチンを代替補給するかの2つでしたが、チャンピックスはニコチンを補給せずに喫煙への欲求を抑えることができる治療薬となります。タバコを吸うと、体内に入った煙からニコチンが血液へと溶け出し、脳にあるニコチン受容体に結合します。脳へ到達するまでの時間は10秒もかからず、ニコチンが受容体に刺激を与えることで、気分を高揚させたり、落ち着かせるための神経伝達物質であるドーパミンを放出させます。これによってタバコを吸った時に落ち着くような気分になりますが、ニコチンは30分~1時間程度で剥がれ落ちるため、再びタバコを吸いたいという欲求に駆られます。これを繰り返すのがニコチン依存症なのですが、チャンピックスの有効成分であるバレニクリンは、ニコチンの代わりに受容体に取り付くことができ、さらに微妙な刺激を与えることでドーパミンを放出させる働きを持っています。結合半減期も24時間と長く、ニコチン受容体に長く取り付くためニコチンが結合できず、タバコを吸っても満足感を得られなくなります。この仕組みによってタバコを美味しいとは感じられずに、自然と離れることができ、タバコを吸わなくても離脱症状を抑えることもできます。これまでニコチンを含んだ置換療法では、ニコチン依存症そのものを解決することはできませんでしたが、チャンピックスはニコチンを使用しないことから関わりを断つことができ、依存症から離れることができるのが強みとなっています。

チャンピックスはこんな人におススメ

チャンピックスはどんな人に向いているのかと言えば、まず手軽に利用できる補助剤を希望される方です。例えば禁煙ガムだったりすると使用に際してのコツがあって上手く利用できないこともありますが、チャンピックスなら飲むだけで効果が発揮されます。コツも特に必要としませんので簡単に利用することができるはずです。禁煙中でも吸ってしまう可能性が高いと考えている方にも適していると言えるでしょう。煙草を吸いたい欲求は時に強く襲ってくる為、我慢をしている中でも吸ってしまうケースも少なくありません。しかしながらそんな時にもチャンピックスが役立ちます。チャンピックスの効果のひとつとして煙草の味を変化させてしまう作用があるのですが、それゆえにもし吸ってしまった場合でも美味しく感じることができないのです。その為、禁煙中に吸ったしても満足感がなく、喫煙者にまた戻ってしまうことを予防することができます。ですから意志があまり強くないと自覚している方にも適している薬と言えるでしょう。ニコチンから完全に脱したいと考えている方にもおすすめです。補助剤の中にはニコチンを配合している物もありますが、ニコチンは害のある成分でもありますので配合している補助剤はあまり利用したくないと考えている人も少なくありません。その点、チャンピックスならニコチンは一切配合していませんので安心して利用できるはずです。そしてニコチンが配合されていないにも関わらず、ニコチンを配合している補助剤と同様の働きをしてくれますので効果に関しても全く問題ありません。その他の補助剤と比較をしても禁煙の成功率が高い為、禁煙をする際のサポートとして最も適しているアイテムと言えるでしょう。

チャンピックスでダメだった場合は

チャンピックスは病院で処方して貰う場合、ニコチン依存と言った診断が下されると保険治療が可能になる禁煙補助剤ですが、チャンピックスは12週間服用を続けることでニコチン依存が下がり禁煙に成功すると言われています。尚、12週間服用した場合の禁煙成功率は100%ではなく、60%~85%などと色々な情報が在りますが、禁煙出来なかった人も存在しているのが現状です。禁煙はニコチン依存が高くなる事で禁煙を難しいものに変えてしまいますが、最近は電子タバコや禁煙飴、ニコチン入りのガム、パッチタイプの禁煙補助剤などが在るため、色々なものを試して禁煙に挑戦をしている人も少なく在りません。チャンピックスは禁煙補助剤の中でも有名な医薬品ではありますが、吐き気や頭痛、眠気などの副作用が起きる可能性が在り、これらの副作用は個人差が在るため、症状が強く出てしまう場合や車の運転が仕事と言った場合には服用が出来ないと言った特徴が在ります。そのため、禁煙補助剤の中でも有名なチャンピックスでも、副作用により使用を中止してしまい、禁煙に失敗してしまうケースが在る訳ですが、煙草を止めたいと言う意志があるのであれば、元々煙草は吸わない状態だったわけですから、色々な方法を使って自分に合った禁煙アイテムを探し出すのも一つの方法です。因みに、電子タバコと言うのは禁煙のためのアイテムではなく、リキッドのフレーバーを楽しむ愛好品になります。リキッドは液体になっているもので、コーヒーや紅茶などの飲み物系、フルーツ風味、煙草の銘柄、ミントやメンソール風味など色々なフレーバーが用意されており、蒸気を発生させて楽しむもので、電子タバコを使う事で煙草切れの時のイライラの解消などにも役立つと言われています。

上へ戻る