喫煙をする男性とチャンピックス

チャンピックスを試す前に禁煙をあきらめてしまうのは大きな間違いです。本当にあきらめるのなら、チャンピックスを試してください。それでダメだった場合はあきらめましょう!

表現の自由と禁煙の推進運動とチャンピックスについて

煙草の害には喫煙者だけではなく周りにいる人にも及ぶことが在ると言われています。
これは受動喫煙と呼ばれているもので、煙草を吸っている人の煙を周りにいる人が吸う事で喫煙時以上の健康被害を被ると言われています。

周りにいる人と言うのは煙草を吸わない人だけではなく、狭い喫煙所内で喫煙をする人にとっても同じことが言えるわけです。

また、煙草の害は小さな子供などに対しても与えてしまうなどの理由からも、禁煙を推進させるための運動が進められているのが特徴で、日本禁煙学会の中で推奨されています。

因みに、禁煙を推奨する、推進させると言っても、日本の中には表現の自由と言った決まりが在ります。
これは憲法により表現の自由を保障すると言うものであり、強制的に規制を設ける事は出来ないと言う事です。
そのため、禁煙エリアを設ける事や喫煙所を設ける事で分煙化を推進させて、受動喫煙のリスクを抑える運動が進められていると言う事です。

煙草の害と言うのは肺ガンや脳梗塞と言った恐ろしい病気の発症を招くと言われていますが、これらのリスクは煙草を吸い続ける事で更に大きくなります。
しかし、禁煙をして5年目や10年目など経過することで、これらのリスクは少しずつ下がる事になると言うメリットが在ります。

尚、禁煙を推奨する中で、チャンピックスが有効であると言われており、ニコチン依存症の診断を受けた人は禁煙外来での禁煙治療を保険適用で受診が出来るようになっています。

保険適用での受診となった場合は、12週間の禁煙治療を受ける中での費用が3割負担と言う事になりますが、チャンピックスは3か月の中で服用を続ける事で、今まで途中で挫折をしてしまった人も禁煙成功の可能性が高まります。

上へ戻る